MENU

おまんこにチ○チンを挿入されて巨乳ボディ女の子が無表情の顔する蛸壷屋のエロCG

この記事はおまんこにチ○チンを挿入されて巨乳ボディ女の子が無表情の顔する蛸壷屋のエロCGについてご紹介します。

この作品は姉妹×濃厚ものになっています。

"
タイトルおまんこにチ○チンを挿入されて巨乳ボディ女の子が無表情の顔する蛸壷屋のエロCG
品番d_107059
タグ概要,インパクト,重視,過激,想像,グロテスク,場面,史実,理解,洞察,主人公,意味,期待,出来,薄っぺら,ナチス,要素,共産,趣味,性格,人殺し,肯定,戦車,家元,葛藤,人生,登場,人物,行動,理由,即座,終盤,展開,納得,構成,終章,映画,オマージュ,タイトル,回収,若干,箇所,マーク,シーン,最後,感動,フィナーレ,戦友,愚直,贖罪,意識,奥崎,本当,戦争,体験,リアリティ,女の子,名前,最期,自分,気持ち,様子,あまり,方々,機会,いくつ,いかが,作者,良心,奇跡,名作,同人,押井,監督,劇場,パトレイバー,まさみ,原作,下敷き,作家,ないがしろ,必要,人気,アニメ,ガールズ,ツァー,創作,内容,歴史,軍事,知識,描写,豊富,部分,乖離,物語,ミリタリー,考察,ライン,悲惨,集団,不信,人間,疑念,状況,適切,構図,画面,漫画,非常,正直,作品,一読,要望,オリジナル,あなた,無理,設定,心理,舞台,背景,明らか,ノンナ,サークル,蛸壷,発行,話題,実弾,使用,硬式,シリーズ,新規,追加,本文,ページ,相当,全体,多数,加筆,修正,合計,ディレクターズカット,完全,名門,大洗,転校,少女,オットー・カリウス,エースコマンダー,姉妹,生徒,会長,引退,彼女,廃校,回避,実績,軟式,大会,参加,当日,チーム,相手,撃破,こちら,当たり前,開始,残虐表現,燃え,感動,戦場,ミリタリー,ベスト・総集編,辱め,姉妹,女の子,ロリ,彼女,蛸壷屋,エッチ,オフパコ,セックス,ハメセックス,ハメ撮り,ハメ潮,中出し,潮吹き,濃厚SEX,本番SEX,SEX,えっち
メーカー蛸壷屋
発売日2017/02/03 10:00
販売数800
お気に入り数341
レビュー数2
レビュー平均点45
サークル「蛸壷屋」発行 話題を呼んだ実弾使用の●●パン硬式戦車道 『ゆきゆきて戦車道』シリーズをまとめた一冊です。 新規追加シーンは本文20ページ相当 全体へ多数の加筆、修正を行い 合計200ページを超えるディレクターズカット完全版! -あらすじ- 戦車道の名門黒●峰から 名もない大洗に転校してきた一人の少女 それは『黒●峰のオットー・カリウス』と呼ばれた 西●流エースコマンダー姉妹の一人だった 生徒会長の角●はすでに戦車道を引退した彼女を むりやり廃校回避の実績作りに軟式の戦車道大会へ参加させた しかし大会当日参加チームに与えられたのは実弾だった 『相手を撃破しないとこちらが死ぬ』 ごく当たり前の戦車戦がごく当たり前に開始される…おまんこにチ○チンを挿入されて巨乳ボディ女の子が無表情の顔する蛸壷屋のエロCG

【蛸壷屋】汗だく女の子が戦場でハメ撮りする作品

""""

蛸壷屋のおまんこにチ○チンを挿入されて巨乳ボディ女の子が無表情の顔する蛸壷屋のエロCGについてご紹介します。

おまんこにチ○チンを挿入されて巨乳ボディ女の子が無表情の顔する蛸壷屋のエロCGは女の子が無乳を揺らしながら中出しする作品です。

女の子の辱めものですね。

まずこの作品はポニーテールがかわいいナイスボディのロリのポルチオに主人公のでかいちんこが入る場所が抜けます。

裸のロリの微乳が最高なのはもちろんハメ潮する女の子のアへ顔がエロいです。

姉妹のエッチに興味がある人や辱めもの好きや蛸壷屋の作品が好きな人におすすめです。

この蛸壷屋の作品を今まで見たことがなかったのですがとても良く出来た作品なので蛸壷屋の作品を見たことがない人に特におすすめしたいです。

こんな人におすすめ

女の子のデカ乳が好きな人

本作の概要だけを見ると、いわゆるインパクト重視の「グロ系」あるいは、過激なネタを想像したくなる方も多いかもしれない。しかし、本作には、確かにグロテスクな場面はあるものの、史実に対する深い理解と洞察、そして、主人公みほの命に対する思いが貫かれており、良い意味で期待を裏切る出来である。そこには薄っぺらな軍オタ的ナチス持ち上げ要素もなく、共産趣味もない。そこには、主人公みほの優しい性格ながら人殺しを肯定する戦車道の家元に生まれついてしまったことに対する葛藤があり、人生がある。登場人物たちの行動の理由が即座に理解しきれないこともあるが、終盤の展開で理由が納得できるように話が構成されており、そこらへんは素晴らしいとしか言いようがない。 最終章において、映画「ゆきゆきて神軍」のオマージュ展開があり、そこである意味タイトル回収となるのだが、若干コマが足りない箇所があり、「ゆきゆきて神軍」を見てないとちょっと?マークが浮かぶかもしれないシーンがあるのだが、それを含めて見ても、最後は感動のフィナーレとなっている。主人公みほの死なせてしまった戦友たちへの愚直なまでの贖罪意識は、元ネタの「ゆきゆきて神軍」の奥崎のようですらあり、本当の戦争体験者のようであり、リアリティ溢れるものになっている。 最後に軍オタ的なものはない、と言い切ってしまったが、軍オタの女の子(名前はあえて出さないが)が最期まで自分の好きな気持ちを貫く様子も素晴らしかったと申し添えておく。 映画にあまり詳しくない方々もこの機会にいくつかのネタ元の映画を見てみるのはいかがだろうか。 総じて本作は、作者の良心と洞察、納得感溢れる構成によって出来た奇跡の名作同人誌と言えるだろう。

こんな人におすすめ

姉妹の爆乳が好きな人

トップ