MENU

巨乳彼女がフェラでアヘ顔するabgrundの同人誌

この記事は巨乳彼女がフェラでアヘ顔するabgrundの同人誌についてご紹介します。

この作品は人妻×浮気ものになっています。

"
タイトル巨乳彼女がフェラでアヘ顔するabgrundの同人誌
品番d_133823
タグ紹介,本編,総集編,ハード,内容,結子,以上,女性,描写,苦手,注意,必要,シーン,多彩,シチュエーション,作品,導入,ラスト,様々,髪型,コスチューム,魅力,理性,抵抗,快感,興奮,実用,一番,関係,その後,彼女,気持ち,中身,解説,息子,近親,相姦,要素,予感,義理,手綱,後味,マイナス,最初,感想,自分,主観,妄想,垂れ流し,個人,解釈,倫理,美貌,間男,拒絶,浮気,諦観,写真,家庭,円満,マゾヒスト,潜在,依存,発芽,制御,不可能,欲望,アフター,結末,悲劇,必然,物語,ハッピーエンド,賛否,作者,精神,ダメージ,自体,非凡,才能,証明,批判,領域,ページ,圧迫,助長,無駄,贅肉,正解,単純,見事,憎しみ,表裏,母親,劣情,浄化,釈然,つもり,最後,絶望,喪失,ストーリー,プレイ,密度,調教,乳首,ピアス,手間,シチュ,一緒,すべて,主導,ヒロイン,オンナ,撮影,主人,交代,みたい,シリーズ,路線,未読,満足,購入,下手,サマハレ,勝手,想像,ペット,期待,ベスト,スリングショット,ポニテ,オリジナル,人妻,同人,サマー,ハレーション,エピソード,漫画,草壁,快楽,日々,意識,状況,フェラ,セックス,中出,アナル,純愛,系統,遠慮,コミケ94(2018夏),成人向け,男性向け,顔射,3P・4P,ごっくん,アナル,ぶっかけ,フェラ,中出し,人妻・主婦,裸エプロン,ヒロイン,人妻,彼女,母親,abgrund,セックス,フェラ,調教,浮気,妄想,凌辱
メーカーabgrund
発売日2018/08/12 10:00
販売数7709
お気に入り数3063
レビュー数16
レビュー平均点456
abgrundオリジナル人妻調教同人誌 サマーハレーションのアフターエピソード漫画です。 サマーハレーションは 人妻・草壁結子の快楽墜ち漫画シリーズで アフターエピソードは サマーハレーション総集編の後の話になります。 ☆ストーリー 義理の息子に調教される日々を送っていた結子。 罪の意識からその状況に甘んじてきたが 息子の計らいで見知らぬ男たちの慰み者になることに… ☆シチュエーション 調教、フェラ、ゴムセックス⇒生ハメ、孕ませ、中出し、アナル、二穴など 本編よりハードな凌辱漫画となりますので、純愛系統の漫画を楽しみたい方はご遠慮ください。 近親相姦の要素はございません。 あらすじのページもありますが、「サマーハレーション本編」を ご覧いただくと、この物語を一層楽しんでいただくことができます。 漫画:さいかわゆさ巨乳彼女がフェラでアヘ顔するabgrundの同人誌

【abgrund】ナイスボディ人妻がぶっかけでアへ顔する作品

巨乳彼女がフェラでアヘ顔するabgrundの同人誌についてご紹介します。

人妻の乳首/乳輪がエロいこの作品はabgrundの作品です。

内容としては人妻がセックスします。

まず、この作品では、人妻のポニーテールのナイスボディとかわいいマ◯コ、そして息子の息子がポルチオに入ってくるところが映し出されていますね。

人妻の裸エプロンの乳首/乳輪が最高なのはもちろんですが、顔射時のアへ顔がとてもエロいです。

人妻のマンコがエロい作品も良かったのですがハリのよい乳首/乳輪も見ごたえがありました。

人妻が出てくる作品が好きな人はもちろん人妻のクリトリスがエロい作品なので興味が出た人はいかがでしょうか?

こんな人におすすめ

金髪の人妻が出る作品が好きな人

最初にこの感想は自分の主観と妄想の垂れ流しです。あくまで個人的解釈です。 倫理観が強く、優しく、美貌に恵まれた、結子さんが最初に間男を毅然と拒絶し、自らの内の業に気が 付かずいたら、夫の浮気も諦観し、写真も見なかった事にしたと思う。 しかし、家庭は守られ、息子とも円満な関係を築けただろう。 しかし、そうはならなかった。全ては彼女の業の深さ故に。 恐らく彼女はマゾヒストで潜在的な性依存だったのだ。それを間男によって発芽され、育てていく事に なる。制御不可能な欲望が彼女を蝕んでいく。アフターの結末は悲劇的だが、これは必然だったと思います。 彼女の物語にハッピーエンドはありえない。アフターの物語に賛否が巻き起こり、作者様も精神的な ダメージを負われたそうですがこの事自体が、作者様の非凡な才能の証明ではないかと思います。 竿役に魂が無い事が批判されてる方もいましたが、メタ的な領域になりますが、この物語は結子さんの 物語なので、ページ数を圧迫するし、助長になりますので無駄な贅肉なので、削ぎ落して正解かと思います。 あと単純な近親相姦にしなかったのも、見事だと思いました。憎しみと愛は表裏ですが、近親にしてしまえば、 結子さんは受けれただろうし、息子の母親に対する、憎しみと劣情が浄化されて、一見ハッピーエンドになり ますが、この結末より、釈然としないものになったと思います。 息子は母親を自分の女にしたかったが、それが不可能な苛立ちをぶつけていたけど、壊すつもりはなかったと 思うし、母を愛してたので、最後の息子の絶望感、喪失感も凄いです。 最後にこの物語を作って、結子さんに会わせてくれて作者様ありがとうございます。

紹介文にある通り、本編(総集編)に比べるとハードな内容になっています。 責めの内容も、結子さんの乱れ方も、本編以上に激しくなっています。 ただ女性が奪われる描写が苦手な方は注意が必要です。 Hシーンの内容はとても多彩です。 紹介文のシチュエーションに加えて、作品の導入部からラストまで様々な髪型やコスチュームの結子さんが楽しめます。 この作品の魅力は、男達に弄ばれ理性は抵抗するけども、与えられる快感に激しく乱れてしまう。 そして男達の言われるがまま堕ちていく結子さんにあると思います。 私が今まで読んだ中で、最も興奮させられた作品です。 実用性としても、本編と合わせて一番です。 ラストの後も結子さんと男達の関係は続いていくと思われます。 その後の彼女がどうなってしまうのか、どこまで堕ちていくのか。 見てみたいという気持ちにさせられます。

中身はエロいが作品解説で「息子の計らいで見知らぬ男たちの慰み者に」「近親相姦の要素はございません。」とかあったから嫌な予感はしてたけど、案の定だったなと…義理の息子もアホなことをする。ずっと手綱を握っておけばあんな思いをしなくても済んだろうにねぇ…後味の悪さでマイナス1。

こんな人におすすめ

ポニーテールの人妻が出る作品が好きな人

トップ