MENU

巨乳教師がホテルでレイプするパコランの同人誌

この記事は巨乳教師がホテルでレイプするパコランの同人誌についてご紹介します。

この作品は女子×妄想ものになっています。

"
タイトル巨乳教師がホテルでレイプするパコランの同人誌
品番d_198763
タグ中身,推奨,コメント,同感,最後,彼氏,修学旅行,云々,電話,続編,期待,旅先,開放,シチュ,ホテル,見学,力ずく,先生,妄想,作者,お願い,高飛車,教師,快楽,一番,作品,ハード,絵柄,新作,胸糞,本物,設定,底辺,全面,バランス,シーン,単語,購入,強者,オススメ,みたい,ガチンコ,キャラ,女性,大人,自己,主張,人気,生徒,結末,それなり,説得,集団,心理,罪悪,被害,抵抗,理由,恋人,強調,留意,前述,関係,変態,理解,ネチネチ,強烈,チンコ,自体,目的,ポテンシャル,展開,容赦,反応,派手,ロング,スカート,厚着,巨乳,パーフェクト,真面目,不良,逆転,エンド,辱物,完璧,出来,ススメ,肉体,精神,作用,暴力,性的,手段,最悪,犯罪,現実,フィクション,ヨガリ,昨今,安易,ヨガル,衝撃,緩和,姿勢,普段,レビュー,希望,エール,意味,新卒,いじめ,屈辱,絶望,めちゃくちゃ,興奮,個人,非常,可哀想,背徳,余計,大学,卒業,望月,配属,地域,評判,一癖,女子,日々,文化,見回り,彼女,自分,出し物,お化け,屋敷,たまり場,部屋,名目,カラオケ,ルーム,気持ち,残酷,実態,実在,人物,団体,事件,一切,カラー,表紙,モノクロ,漫画,本編,企画,制作,パコラン,教師,女子,彼女,不良/ヤンキー,パコラン,レイプ,妄想,凌辱
メーカーパコラン
発売日2021/03/20 16:00
販売数3208
お気に入り数1864
レビュー数11
レビュー平均点482
この春大学を卒業して教師になった望月先生が配属されたのは地域でも悪い意味で評判の底辺校だった。 気が弱いのになんとなくで教師の道を選んだ望月先生は、 一癖も二癖もある不良や女子生徒たちに振り回される日々を送っていた。 文化祭の日に見回りをしていた彼女は女子生徒に自分たちの出し物であるお化け屋敷を見てほしいと言われる。 おっかなびっくりお化け屋敷の中を進んでいた彼女だったが、突然口を塞がれ、お化け屋敷の裏に連れ込まれてしまう。 不良たちのたまり場を文化祭用の部屋に割り当てたという理由でハメられてしまった彼女は抵抗できるはずもなく―。 文化祭が終わっても打ち上げという名目でカラオケルームに連れ込まれた彼女はそこでも酒を無理やり飲まされてしまい…。 軽い気持ちで教師になってしまった女性の残酷すぎる実態がここに描かれる。 ※この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件等とは一切関係がありません。 ●カラー表紙+モノクロ漫画本編48P 漫画:INU 企画・制作:パコラン巨乳教師がホテルでレイプするパコランの同人誌

【パコラン】チンコがデカイ自分とショートヘア彼女が妄想する作品

"""""

巨乳教師がホテルでレイプするパコランの同人誌についてご紹介します。

この作品はパコランの快楽が魅力の作品です。

ポニーテール不良/ヤンキーが妄想する所がエロかったです。

ホテルで自分が貧乳の女子と妄想するのですが不良/ヤンキーが自分と妄想している時の恥部、いいですね。

特に不良/ヤンキーが妄想している時に無表情の顔でイキ乱れる様子が最高です。

自分のチンコが貧乳彼女のマ◯コに入る様子で興奮しました。

そんな女子が自分のチンコを早く入れてほしくて無表情の顔するのが最高な作品なのでパコランの作品が好きな人や女子が妄想する作品をお探しの方におすすめです。

こんな人におすすめ

不良/ヤンキーとの快楽もの作品が好きな人

レイプ物で私が一番嫌いな快楽堕ちENDでなく、ただただひたすらに胸糞が続くといった作品でやはり本物のレイプはこうでなくてはと思います。 設定もわざわざ底辺校であったり、彼氏持ちだったりと細かく練られており、かつNTRを全面に押し出しすぎないバランスが素晴らしいと思いました。 最後のシーンの修学旅行という単語だけで続編を妄想し、更に抜きました。 たった48Pで2度3度抜ける作品、レイプ物が好きな人は購入して損は無いです。 ハッキリ言って救いが無いのでひたすらに胸糞レイプが好きな強者のみオススメします。 あわよくば続編期待です。

容赦なく凌辱が繰り広げられ、教師もほとんど 感じることがなく最後の最後まで辛そうな反応を見せる。 読んでいて心が痛くなるけど、それがまたイイのです。 好みの作品でした。

凌辱とは肉体と精神に作用する暴力であり、性的な手段で人を傷つける最悪の犯罪の一つでしょう。現実ではあってはならないことですが、フィクションなら大いにやってよいはずです。 レイプされながら女性がヨガリ狂う姿は、凌辱作品として下の下と私は考えます。本作はその点よくできた凌辱であり、昨今よくある安易なアヘらせがないのがまず良かったです。 凌犯された女性がヨガルことで、性犯罪のもたらす衝撃を緩和しようとするのは逃げの姿勢でありいただけない。本作品は、最後は多少ヨガルが、酒の力も大きいので、安易とは必ずしも言えないでしょう。 普段はレビューは書きませんが、続編を希望しているので、作者に対するエールの意味も込めて書きました。

こんな人におすすめ

不良/ヤンキーとの快楽もの作品が好きな人

トップ